のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

成り上がる?
二・三日前のnews番組でITの関連していて学生達が会社を作りそして成功するための会合がありそこでの模様を放送していた。
その時ある学生が「成功「成り上がる為には」するためには違法すれすれの事をしないといけませんね」の質問に会社を経営している30代前半の方が「難しい質問だな」と応えたが顔は肯定しているように私には見えました。
私には彼らには成功{成り上がる}と言うのが虚無のように映りました
全く持って哲学がなく堀江氏の失敗の理由も見つかったからだもしくは
運がなかったのだぐらいしか私には見えませんでした。
どうしてコツコツしていれば結果はおのずとついて来るとか世の中みんな頑張っているのだから君達も頑張りましょうと経営者も言えないのか?人の弱点を責めて勝つという法律の抜け穴ばかりに目を向けるのか一市民の私にはイマイチ理解出来ませんでしたが。。。
成り上がると言えば歴史上では日吉丸のちの豊臣秀吉が上げられます。彼は卑賤の身から天下を取りました。かれも当然リスクのある戦い美濃攻略や数々の戦で殿を務め信長の下で過酷な能力主義の中で勝ち抜いた一人です。けれども彼はIT成り上がりのような人ではありませんでした。篭城戦の際でも相手の兵士をなるべく殺さないように務め又戦国時代にも関わらず相手をよく信用していました。
信義心というのは一見迂遠で損なように見えても結局それが一番の処世術と言うのを彼は知っていたと私は思うのです。又そのことが天下統一までの時間を短くしたと思います。
けれどもその彼も天下を取ってから秀次を殺しその一門まで皆殺しにしてしまいました。その結果、豊臣家は人心を失う結果を作りわずか二代で滅んでしまいました。世の中は無常なものだからこそ、人に対する配慮と言うのが大事なのではないかと私は最近よく思います。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

お金にはあまり縁のない私ですが・・・。(^_^;)
一代でお金持ちになるには次の2つのうちのどちらかの条件がないといけないそうです。
・ものすごく運がいい。
・とことん強欲である。
たしかにその通りかもしれません・・・。
【2006/03/04 05:04】 URL | 喜八 #wYAyu/Y2 [ 編集]

喜八さんへ
そうかもしれませんね。
運がいいと言うのも、人が運んでくるものと勝手に思っています(^~^;)ゞ
ですから和がないと足を引っ張るのかもしれません
とことんいくって言うのも難しいですね。
【2006/03/04 21:38】 URL | のり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/6-fd03ee2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

善心で前進

書きたいことは山程在るのですが、記事にまとめる程、時間がとれません・・・。 反省 田舎の神主の学び舎【2006/03/07 23:58】