のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復党
たまたま総裁候補が出ているニュースと共に総裁候補みんなが、次の参議院選挙の為に郵政法案反対した議員を復党させる話が出ているそうです(^ー^*)ゞ
呆れる事に候補者全員前向きに検討しており離党まではやりすぎだと思っていたそうです(^ー^*)ゞ
よくも恥ずかしげもなくしかも閣内にいて率先してしていたはずなのに今頃になって言う姿にこの人達の心根や保身が見えてとても嫌な感じがしました(^ー^*)ゞ
それならその時小泉に諌言しろよ。諌言と言うのは自分の命に代えても忠告する。
もしくは考えを変えてもらう為に命を差し出すと言う事です。それすらも出来ない人間に何が出来るものか?政治家ならなおさら必要と思うのは私だけでしょうか?(`´)
ましてや国民全体を導いて行かなければいけないのに気概がある政治家なら当然出来ると思うのですがね(^ー^*)ゞ{大将だからと泣くなら泣いてでも止めろよヽ(^ー^)ノ )
第一、復党させる=法案失敗を認めると言う事です。あれ程いい加減な事をしておいて選挙に負けるかも知れないから考える人達なんて品性がいやらしいですよ(`´)(同じ方向なら良い?違うから切ったのではないのですか?自家撞着もいい加減にしてもらいたいものです(^ー^*)ゞ)
離党した人が戻るのは構いませんが戻るにしてもみっともない戻り方だけはしないで下さい(^ー^*)ゞ

PS.内閣支持率60%あるそうです。それなのに選挙を恐れている。特に参議院の舛添氏も復党に必死です。逆に考えれば自分達のした事を間違えていると思っているのかもしれません。
それに過半数割れれば力なくなるからね。どちらにせよ、山名豊国みたいな連中を支持するのだから情けないものです(^ー^*)ゞ

スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
TBありがとうございました
本当ですか、復党って!
多数ある項目の1つで考え方が違うからといって追い出す野郎もおとなりの金正日みたいな野郎でしたが…。
その当時諫言しなかったのはやはり「自分のことしか考えてないから」でしょうね。選良ともいわれる人がこの体たらくでは、子供もまねをするわけだ。
復党させるなら、今からでも郵政民営化法案も廃止してもらいたいものです。あれで一番得するのはアメリカの保険業界。
【2006/09/06 10:42】 URL | 寒北斗 #L1ch7n1I [ 編集]

興味津々
のりさん、こんにちは。

> 第一、復党させる=法案失敗を認めると言う事です。あれ程いい加減な事をしておいて選挙に負けるかも知れないから考える人達なんて品性がいやらしいですよ(`´)

激しく同感します。
でも、「誰が復党するか?」は興味津々です。
ここで「ヘタレ」て男(女)を下げるのは誰か?
予想してみるのも面白そうです(笑)。
【2006/09/06 17:00】 URL | 喜八 #wYAyu/Y2 [ 編集]


ご無沙汰してます。
また困ったものですね・・・。

果たしてどういった形で「復党」に至るのでしょうか。
私の中では次期総裁がきちんとした手順を踏み、許しを請うて「復党」をお願いするのが本筋と思っておりますので、例え政治信条が似ているとか、方向性が一緒だ、などという建前論で「選挙対策」の一環としての復党だけはやめて頂きたいと思っています。

のりさんと同様、私も「城内氏」に思い入れがありますので、様子を見たいと思います。

全く自民党も地に落ちたものです。
【2006/09/07 00:46】 URL | 田舎の神主 #- [ 編集]

寒北斗さんへ
こんにちは。そうですね。アメリカを喜ばすためにして連中ですからね。
悲しい事ですね。どこの政治家でしょうか(^ー^*)ゞ所詮、自分の事だけの人から選ぶのですから自民党も小さくなってしまいましたね(^ー^*)ゞ
戻るにしてもその位の事しないといろんな意味で評価下がりますね(^ー^*)ゞ
その面で言うと見た目悪いけれども亀井氏を私は評価するのです
余り評価されませんけれどね(^ー^*)ゞ
【2006/09/07 22:50】 URL | のり #- [ 編集]

喜八 さんへ
こんにちは。誰がどのように戻るのか。その時にその人の真髄が見えますね。
あるサイトでは、野田聖子氏と言われていますが果たしでどうでしょうか?
国民新党でもいいと思いますがどうなりますかね?
二階堂氏や小池氏も同じように遊泳していますから一概に言えませんが格好が良い方法で戻ってもらわないと評価下がりますから心配です。
ちなみに私は彼らは一回でも筋を通そうとしたのでそこは評価するし心配もするのであしからず…(^ー^*)ゞ
【2006/09/07 22:58】 URL | のり #- [ 編集]

田舎の神主さんへ
こんにちは。全く持って保守自民党も見識のない与党のみの党になってしまいましたね。
それでも支持する人は、ほんとB層かもしれません(^ー^*)ゞ
神主さんとおなじで選対のみで一緒になるという情けない事にならない事を祈っていますが…民主党もいろいろ混在していますが野党ですからね。やはり政界再編しないといけないかもしれません(^ー^*)ゞ
城内氏は安倍氏のこと尊敬?しているようですからどうなりますかね(^ー^*)ゞ

【2006/09/07 23:07】 URL | のり #- [ 編集]

城内実氏に関する記述
『奪われる日本』関岡英之、講談社現代新書(2006)に以下のような記述があります(49頁)。

> 衆議院特別委員会で、郵政民営化準備室が米国の関係者と十七回も会っていたという、核心に触れる重大な証言を竹中大臣から引き出した城内実前衆議院議員は、自己の良心に従い、国民の代表としての信念を貫き、総裁派閥である森派でただひとり、衆議院本会議で反対票を投じた。その結果、国政の場から追放された。
【2006/09/12 15:27】 URL | 喜八 #wYAyu/Y2 [ 編集]

喜八さんへ
こんにちは。そうですねそのような意志を持ち続けてもらいたいですが世の中いろんな誘惑や彼自身初めての落選で?気持ちが揺れていると思うのです。
それでも乗り越えれば将来展望がかなり明るいのですが辛いですからね。浪人は・・・
ましてやそこで安倍氏に声をかけられると…どちらにせよ彼の見識に期待するしかないようです(^ー^*)ゞところでもし余裕があれば城内氏に応援メールお願いします。
【2006/09/16 16:44】 URL | のり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/54-d712559c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

若松孝二監督作品の上映とお話

「ボランティアステーション」の天野日佐恵さんより若松孝二監督の映画上映とお話の会のお知らせがありました。じつを言うと天野さんは未知の方なのですが、鈴木邦男さんの掲示板で弊ブログの存在を知ったそうなのです。大変に興味深い企画ですね。以下に頂いた情報をコピー 喜八ログ【2006/09/06 17:29】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。