のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選択困難
あまり興味がありませんが、小泉政権も任期満了の時が来たようです。次期総理は安倍氏で決まりと思いますが一つ疑問に思うのです。私は、はっきり言って彼らのした政策は、理念などない弱いものいじめの吐き出し政策と大衆迎合の権化と思っています(^ー^*)ゞ
日本人は、和を重んじつまらないいざこざはあってもみんなで我慢しようとしていたと思うのです。それが個人の成長を止めていると言うならば話も出来ませんが…(^ー^*)ゞ
そこの不満をうまく利用したのが今の政権だと思うのです。その結果、日本人特性の忍耐力・緩衝材としての役割・歴史と伝統を抵抗勢力の一文字にまとめ切り捨ててしまった。これは社会全体を薄っぺらくしてしまい感情的な社会を作ってしまったと思うのです(^ー^*)ゞ
この事を功罪のどちらで見るかは人によるので論評は避けますが、世の中は一つの見方では見られない事は我々の日常生活の上でも見られる基本的な現象と同じと思います(^ー^*)ゞそれを一言でまとめてそれを信じる?昔の一億一心と同じです(^ー^*)ゞで、安倍氏ですが温厚な強硬派以外見るべき点もありません。おそらく小泉政権のマイナス面の修正を図ってくるでしょうが今までの事があるのでかなり困難になるのではないかと思いますが彼らは小泉信託を受けて?総理になります。それなのにまだ国民は支持するのでしょうかそうならば和が破壊された日本が51番目の州になるのか?中華民国日本国になるのか?最も選択困難な舵取りを取らなければなるのではないかと危惧しています。どちらにせよ、今年の年末にはおおよそ分かるでしょうが・・・

PS,私は前回も言いましたが基本的には、靖国参拝には賛成ですが彼らのやり方には到底我慢なりません。全く説明しないどころか心の問題なんて説明責任を果たしていません。総理に私人なんてありません(`´)24時間公人です。散々利用しておいて今になって政治利用するなという某参議員の発言には品性の欠片が見えなくて嫌な感じですね(`´)
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/46-19fa8030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とくらさんを応援します

「とくらBlog」の戸倉多香子さんが来年(2007)の参議院選挙に出馬することが決定しました。山口県の選挙区ですから神奈川県在住の私(喜八)は投票ができませんが、この身の及ぶ限り応援させていただこうと思います!それで早速ですが(笑)、選挙はどんなに地味にやっ 喜八ログ【2006/08/13 13:57】

15日靖国参拝なら強硬対応 韓国政府、抗議声明へ

15日靖国参拝なら強硬対応 韓国政府、抗議声明へ 韓国の聯合ニュースは13日、政府当局者の話として、小泉純一郎首相が15日に靖国神社を参拝した場合、韓国政府は抗議声明を発表するなど強硬な対応を取ることを決めたと報じた。        同当局者は「小泉首.. 浮 世【2006/08/13 22:14】

靖国雑感

広島と長崎に原子爆弾が落とされた日がすぎ、60何回目かの終戦の、いや敗戦の日です。とは云うものの、世間で今取りざたされている戦争や靖国の問題には、さほど興味はない。最近、何かと話題にのぼる靖国ですが、首相が15日に参拝するコトなんざ、どーでもいい。もう 逍遥録 -衒学城奇譚-【2006/08/15 03:10】

『ロッキード事件「葬られた真実」』

「ロッキード事件の真相とは何か。そして、その事件の真相を闇に葬った真犯人は誰なのか」という戦後史最大のミステリーに挑んだ一冊。読み応えがありました。『ロッキード事件「葬られた真実」』著者の平野貞夫さんは1935年高知県生まれ。衆議院事務局職員として33年間勤務 喜八ログ【2006/08/15 21:12】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。