のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果
前回のブログで最近の新聞の読者投稿欄での内容に苦言?を書き込みましたが社会面にも論評が載っていました。地方税?が払えないから分割が増えるしこれから高齢者の?滞納が増える又役所に問い合わせても(苦情と思うが(^ー^*)ゞ)国の法律が変わったからのみで困っていると言う投稿の内容でした。私はここに(地方紙}に投稿しているほとんどの人はおそらく与党に入れた人でしょう。なぜなら、前回入れなかった人は覚悟を決めていたから別の表現をしていると思うからです。それに小泉竹中B層作戦にしてもあの程度が分からないと言うなら長い人生の中で本当に自分自身のおかれている立場を冷静に見ていなかっただけと思うので私は余り同情出来ません(^ー^*)ゞ私はこの事に関してはかなり心が狭いかも知れません(^ー^*)ゞそうなるまでに例を挙げるとまず、医療にしても医者は金持ち改革だの結果、自分を守る為患者にしわ寄せで困るのは地方と所得の低い人です。郵便局国がやっている楽している改革だの結果地方切り捨て公共事業ムダだの結果都市部に公共が集中し人口が偏る事により地方切り捨てです。これらは全て元々経政会の基盤でした。
それをただ、たいした議論もせず感情の赴くまましたからです。
私は前回も言いましたが医者が儲けているなら税金を上げればいい事ですし郵政が気に入らないなら地方に税金入れれば済みますし(負担増えますが民間にするなら)公共事業も気に入らないなら国の役割をはっきり言えばいいのですよ。それを自分の個人的な思いを政治に反映させ、抵抗勢力=悪の単純な理論に乗り反対者を血祭(反対した政治家・評論家等}を喜んで見ていた?
責任は重いと思います。又靖国神社にしても政局に使って支持率の維持に使っているだけです(`´)
いい加減高齢者の人もその事に気が付いてもらいたいです。
ですから私は今回の社会的結果も当然の結果として受け止めています。

PS,地方の郵便局がなくなるそうです、今は配送センターとしますが近い将来なくなる段取りでしょう(^ー^*)ゞ日刊現代の二木さんが朝の番組で言っていました。利益がない所は撤退しますよ当たり前です。公共機関がなくなって行きますが前回無くならないと言っていましたが嘘です。
みえみえで私前から言っていましたが支持したのだから仕方ありませんと…
スポンサーサイト

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
コメント&TBありがとうございます
小泉自民党に投票したというより前原民主党がいまいち信頼がおけないという理由で自民党を選択した人もいたかも知れませんね。そうなるにあたってはマスコミにも非があり、みのもんたにも責任があると思います(いつだったか民主党を責めていた)。
【2006/07/01 16:51】 URL | 寒北斗 #L1ch7n1I [ 編集]

寒北斗さんへ
コメントありがとうございます。前原氏は確かに違いがありませんでしたが、あの時は岡田さんでした。外交は私には問題アリと見えましたが誠実な人にみえましたし他の人の話もよく聞いていたように見えました。それを選ばなかったというより高齢者に問題アリと私は思うのです。なぜなら人生経験があり人を見る目があると期待できると思うからです。
厳しいですかね(^ー^*)ゞ大衆迎合のみのもんたが人気がある地点で期待で出来ませんが…
【2006/07/01 23:10】 URL | のり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/35-808d5a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

亀井静香さん

山口二郎北海道大学教授(行政学・政治学)と亀井静香衆議院議員(「国民新党」代表代行)の対談記事が岩波書店発行の月刊誌『世界』2006年05月号に掲載されています。タイトルは「小泉政治への対抗軸をどうつくるか いまこそ一揆を!」。この対談の中で山口二郎教授が「亀 喜八ログ【2006/07/05 21:05】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。