のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再開
牛肉の再開が始まりますがイラクのサマワの撤退・国会閉会・日米首脳会議というなんとも言えないベストタイミングに彼らの恐ろしさとそれを唯々諾々と受け入れようとする日本国民に私はほんの少しの怒りと寂しさを覚えます(ノ_∂。) 自衛隊員の命を確保したら次は日本国民を人体実験に差出す事を了承するなんて戦前の日本でもしなかったと思います。当時ならおそらく戦争になっていたかもしれません。国民の生命財産を守るのは国家の最低限度の仕事なのですから当時なら今のような言葉の遊びで終わらなかった可能性が高いと思うのです。
それにくらべて今は有終の美と自分の政治力の維持のみを考えていて残りの事は全く考えていないと言っても過言ではないのではないでしょうか?だいたい査察に入るといっても入りますよと言ってから入るなんて国民を愚弄するのにも程があります。
どちらの国の総理か分からない姿にこのお方を支持している人達の考えに私疑問を持たずにはいられません(`´)
又大丈夫と言っている頭の光っている評論家や第二の田原と言われている人にも私はかなり強い疑問を持ってしまいます(^ー^*)ゞ舛添氏に至っては前回必ず大丈夫と言ってあのザマですからね。
その事に触れずに誤魔化す姿に某一太議員に見えるのは私の心が貧しいからかもしれません(^ー^*)ゞ
どちらにせよせめて日本の時と同じように牛肉パフォーマンスしてくださいよヽ(^ー^)


PS.私の地域の新聞で投書があり年金や医療改革での小泉式改革を非難している60代の女性が載っていました。今までどんな時も支持してきましたが年金と医療で困ったから支持できないと…私はこれが訳の分からない改革の支持の原因と思っています。自分に被害?が起こったら分かるのです。いつまでも劇場の外にいるのではないのですから…もっと早く分かっていればもっと違った結果になっていたと思います。厳しい言い方ですが現役離れて劇場の外にいるつもりで前回支持したからですよ。
若い人や今の世の中冷たいと言う前に自分達の行動にも責任を持ってもらいたいものです。


スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
TBありがとうございます
竹中平蔵の知人のPR会社によるPR文書にあった
IQの低いB層 (小泉内閣支持基盤    ○主婦層&子供を中心  ○シルバー層   具体的なことはわからないが、小泉総理のキャラクターを支持する層)に対する作戦がまんまと奏功したということですかね。これほど最凶な首相がかつて存在しただろうか。前の蜃気楼、いや森喜朗は馬鹿だったけどこれほど凶悪じゃなかった。
【2006/06/23 16:00】 URL | 寒北斗 #L1ch7n1I [ 編集]

ポチ国家
のりさん、こんばんは。

> 自衛隊員の命を確保したら次は日本国民を人体実験に差出す事を了承するなんて戦前の日本でもしなかったと思います。

対米従属度が加速度を増して悪化しているように感じます。
こんなことをしていたら、日本も「解体」してしまうのではないでしょうか?
心配です・・・。
【2006/06/23 21:06】 URL | 喜八 #wYAyu/Y2 [ 編集]


こんばんは。
新しいエントリをアップしましたのでTBさせていただきました。
先に喜八さんが私が言いたいことを仰ってくださっているので・・・。
対米従属度・・・最近こんな言葉がなんだか定着しつつあるような気がして怖いですね・・・。
【2006/06/25 00:08】 URL | 田舎の神主 #- [ 編集]

寒北斗さんへ
コメントありがとうございます
森さんはバカ?ではなくて正直な人だったと思いますよ。最近は策ばかりで嫌な感じですが…国民は今まで政府は誠実だったですからね。それを逆手に取っている姿に理解できないのでしょうね。以前も言いましたが法律等の影響は後から来ますから…現に税金も加速度的に上がって支持している人も抗議しているみたいですが・・・得意の自己責任と言われても仕方ないかもしれませんね(^ー^*)ゞこの怒りを選挙まで維持できれば立派ですが・・・どうなりますかね(^ー^*)ゞどちらにしても、冷徹な人達の集まりです。
【2006/06/27 20:46】 URL | のり #- [ 編集]

喜八さんへ
こんばんは。その通りですよ。自分と言うものをなくしてしまったら誰も付いて来ない様にそれを今国家レヴェルでしているよう気がなりません。小泉氏の取り巻きこれからは安倍氏の取り巻き見ていたら分かりますがね。牛肉パフォーマンスしてくれよ。米国民の為に…
バカバカしい限りです。
【2006/06/27 20:52】 URL | のり #- [ 編集]

田舎の神主さんへ
ご無沙汰しています。対米従属が対米奴隷と聞こえるのは私だけでしょうか?
神主さんのブログにあるような考えの人が昔は市井にもたくさんいたと思ったのですが…
いつから温かみのない人ばかりになったのでしょうかね。かつて竹下氏の時も汚職でいろいろ言っていましたがそれでも最後は責任取っていましたが今はそれ以下かも知れません
居直ってしまって何もナシが多すぎるのかもしれません(^ー^*)ゞ
あ、そうか、人生いろいろの発言でしたね。情けない事です
【2006/06/27 21:02】 URL | のり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/34-3cd06532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現代の人格者

・・・・・また間隔があいてしまいました。 またもや会報の原稿を転載させていただき 田舎の神主の学び舎【2006/06/25 00:06】

『自壊する帝国』

『自壊する帝国』は起訴休職中の外務事務官佐藤優さんによる最新刊(2006年05月30日発行)です。2005年03月に上梓されベストセラーとなった『国家の罠』の続編にあたります。読後感は「外交官佐藤優の青春記」、あるいは「不思議な友情の物語」でした。佐藤優さんは1985年04 喜八ログ【2006/06/25 20:19】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。