のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

二ヶ国語
現在英語を必修にしようとする運動?もしくは確定らしいですが、
私には首を傾げざる得ません(^ー^*)ゞ
そりゃ、もちろん映画のヒロインみたいで二つの言語を聞き分けてしゃべるのはカッコイイです。ヽ(^ー^)ノ ゴルゴ13はかなり多くの言語をしゃべりますが劇画の世界ですのであしからず…
また、外国人と話するのに気後れしないとか世界の事を理解?するので国際人になるとかははっきりいって大人になってからの理論です。
日本語と言うのは縦でも横でも書く事出来またひらがなの運用で単語を知らなくても会話が出来るという特筆すべき特性があるのです。
一音一句の為わたしはがっこうにいきますとひらがなでも相手に意思を伝達出来るのに対して英語ではI GO TO SCHOOLと言うように単語を知らないと伝達が困難になります(^ー^*)ゞ
もう一つは私は貴方を愛していますはI LOVE YOUと言うように自分で次に相手がくるのに対して英語は私で次に動詞です。
言語は一種の文化ですからその国の特性が表れると思うのです。
思いこみかも知れませんが行動の前に相手がくると言うのは他人への配慮と言うのが出ているのではないかと思うのです。
この言語を持っているのは、満州語(今は中国の政策でなくなっているとされていますが…}
位だったと思います。それになによりも言語と言うのは人間の生育に大きな影響与えるのに二つもすれば判断や感性?に余りよくない影響を与えると思いますし、しゃべれても何を言うかが問題であり自国の文化に根付いた意見でなければ空疎であり結局の所又表面のみの猿真似と言われるだけかも知れません。

PS.昔の人も大人になってからでも英語をしゃべり開明の時も相手に舐められませんでした。今から見ればキレイな?英語ではなかったと思いますがそれ以外の点が大きかったと思います。それに多くの子供達が二つの言語をそんなに器用に分けられるのか疑問です。少なくても日本語すら満足に扱えない私はそう思いますヽ(^ー^)ノ
スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/33-d5e866f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

満州語-World

満州語満州語(まんしゅうご)は満州族が話す言語。ただし現在の満州族はほとんど満州語が使えない。清朝最後の皇帝であった愛新覚羅溥儀も満州語を全く使えなかった。言語学的には、ツングース諸語に分類される。アルタイ諸語|アルタイ語族があるとすればツングース語派に 世界の言語【2007/03/07 09:08】