のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分祀?
靖国参拝で最近分祀が可能と言う意見があるが果たしてそうなのでしょうか?私は勉強不足で詳しい事はよく分りませんが政府が指示したら分祀だということは宗教に介入する事が可能となります。
果たしてそれが可能なのでしょうか?宗教に政府が関与して良くないので宗教の自由があると思うのです。
それに、A級戦犯と言っても罪が重たいからA級戦犯ではなくて連合軍が付けた番号みたいな物です(^~^;)ゞそれを基準にして死んだ人を区別し参拝の際別にする。
私はそれには何となく(^~^;)ゞ違和感覚えます。世間には児玉神社や乃木神社もあります。日光東照宮も大明神も同じ事が言えるかも知れません。
これも品の悪い言い方すればたくさんの人を殺した?人を神として崇めている神社ともいえます(^~^;)ゞ(誤解がないように言いますが私児玉源太郎好きで山口の神社行った事ありますし私自身は嫌悪感はないし日本人的な考え方と思いますので…あしからず)
それよりなにより、A級戦犯の方が誰に対しての罪なのかと言う根本の問題が議論されていないと思うのです。一時東條英機氏は教科書に載るほど悪人?の扱いでした。
今でも載っているのかも知れませんが、あの当時と比べて弁護する本も多数出されていますし実際の原因は他の人ではと言う意見もあります。
又、神道の精神から言ってそれが可能なのか良く分かりません。
伝聞ですがÅ級戦犯と言われている御遺族の方が分祀すると言う事は、私の先祖は無駄死にですかという意見に反論できなかったそうです。
それを誤魔化そうとしますが(法廷死として)それこそ問題ありなのではないかと思います。

PS.基本的にこのような意見もあるし遺族の人にとって大事な問題なのに
政局のみで哲学のない行動が国民の中にひびを入れるのではないかと危惧します。又財界の北城氏が行くな言って後で謝ったらしいが政局に使う芝居に怒りすら覚えます(`´)この方は小泉氏のおかげで2000億のcomputer納入した人ですから。いつから日本人は超えてはいけない線を越えるようになってしまったのでしょうか?
http://web.chokugen.jp/mikami/
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
失礼します
のりさん、こんにちは。
トラックバックを次々に送りまして、失礼します。(^_^;)
「違うな?」と思われたときは、のりさんのご判断で削除されてください・・・。
【2006/05/21 12:44】 URL | 喜八 #wYAyu/Y2 [ 編集]

喜八さんへ
全くそんな事ないので気にしなくて大丈夫です(^~^;)ゞ
私の方が勝手に引用させていただいていますのでm(__)m
バンバン送ってきてください
やはり大新聞より地方紙の方がいいですか?
そうだとしたら前回と同じですね。心配です
【2006/05/21 17:19】 URL | のり #- [ 編集]


のりさん、お早う御座います。ご無沙汰して居ります。
靖国神社の分祀問題ですか・・・。
これについては私の神職としての私見ですが、世論や政治家の方々は分祀の概念を本当にご理解されていらっしゃるのかどうかよく分かりませんね。
「分祀」というのはあくまで「御霊分け(みたまわけ)」ですからある特定の方の例だけをとりだして別に祀ることではありません。
例えば有名な神社の例で言いますと、「伏見稲荷」の御霊を「伏見稲荷」以外の場所へお分けするわけです。
つまり、その元となるところ(例で言えば伏見稲荷)はそのままで、そこ以外にも別のお社を建て、そこに新たにお祀りすることを指すわけです。そうすると「伏見稲荷神社」とは別にもう一つ、所謂「分社」とか「別宮」ができるわけです。
とすると・・・靖国神社の「英霊」の御霊分けをすると云うことになるわけですから、それは靖国神社の「分社」や「別宮」をつくることを指すのです・・・。
そもそも御祭神の姓名を書いた「霊璽簿」は御神体ではありませんし、そこから仮にA級戦犯と特アから呼ばれている方々のお名前を削除したとしても、御神体に祀られた御霊がどこかへ引っ越して下さるわけでもありません・・・。
付け加えるのであればいったん合祀した御霊は人間の都合で分けることはできません・・・。それができると思っている政治家の皆さんはなんと畏れ多く、「神道」における神の概念を全く以てご理解されていないのだと思います。無知というのは恐ろしいことです・・・。
長文駄文にて失礼致しました。

追伸:最近のニュースや事件などの動向を眺めていて思うところがあったので拙ブログの記事をアップしました。
あまり関係ないかも知れませんがTBさせていただきます。
ご意向に沿わなければ遠慮なく削除して下さい。
お手数をお掛けして申し訳在りません。
【2006/05/30 04:28】 URL | 田舎の神主 #- [ 編集]

田舎の神主さんへ
こちらこそ、ご無沙汰しております
やはり神道では無理ですと言うより非常識なんですね。
一つ疑問に思うのですが人間の力で分ける事が出来ないのに合祀する?時は可能なのでしょうか?おそらく多くの人(私も含めて}疑問の所と思うのです?
出雲大社の分社があるのもその理由ですね。
ありがとうございました。TBどんどんお願いします。私も勉強になりますので…
 
ps私は自分のブログでも何度も言っていますがこれを政局の道具に最も利用した小泉氏は虚無の愛国心のみを高揚させ日本人の中にいらぬひびを入れたのではないかと思うのです。次期総裁の争点にしないといっていますがしたのは貴方達ですよと言いたいです
【2006/05/30 13:21】 URL | のり #- [ 編集]


のりさん、こんばんは。
レスポンス有難う御座います。
「合祀」というのは靖国の場合、所謂「英霊」が御霊な訳ですが、その英霊を呼び集めるのです。
例えば・・・恐らく、のりさんの自宅にも仏壇はお在りかと存じますが、亡くなった方の「戒名」を「位牌」などにお彫りになり、そして仏壇の中に置いてあると思います。
それはその「位牌」が亡くなった方の霊魂がそこに宿っていると考える訳ですね。
靖国の場合、御神体は御劔と御鏡ですが、そこに「戦死」などの所謂「法務死」と呼ばれる形で亡くなった方の御霊を神式の祭祀によって「招魂」するのです。そうするとその御神体にその霊が宿られ「合わせ祀られた」と云うことになるのです。 他の神社でも御祭神が何柱か、複数祀られていることもあります。 私の所でも神殿には「天照大神」を始めとして、合計5柱の神様がお祀りされています。そしてさらに別宮で照顕伏見稲荷大神(この中にも5柱)がお祀りされています。

「合祀」という概念はなかなか説明するのが難しいのですが、時に一つの街の中でいくつかお宮があり、別に大きなお宮を造ったりした時にその周辺の鎮守様を全てお祀りすることがありますが、そういうこととほぼ同一に考えて宜しいかと思います。

参考になりましたでしょうか?下手な説明で申し訳在りません・・・。(反省)
【2006/05/31 00:59】 URL | 田舎の神主 #- [ 編集]

田舎の神主さんへ
丁寧な説明ありがとうございます。
そうですか。招魂で呼ぶのですか。一つ勉強になりました。それでもう分祀?も出来ないのですね。そのくらい分かって発言していると思っていましたが世の中いい加減ですね。
不躾な質問に応えて頂きありがとうございます。
またよろしくお願いします
【2006/06/01 22:55】 URL | のり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/26-5fc9ccd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

共謀罪10

「ビデオジャーナリスト」神保哲生さんが提供する「丸激トークオンディマンド第237回 [10月7日収録] 」が無料で再放送されています。海渡雄一さん(弁護士)、宮台真司(社会学者)さん、神保哲生さんの3人が共謀罪の危険性を詳細に解説されています。共謀罪に反対する人は 喜八ログ【2006/05/20 20:51】

共謀罪11

 「私は愛国心とかが好きだし、左翼なんかは好きじゃないんですけどね。でも、共謀罪は五年、十年かけて拡大解釈されていき、きっと治安維持法みたいになりますね。え、この電話ですか? 盗聴されてるかもしれませんけど、構いませんよ。間違ったこと言ってるわけじゃない 喜八ログ【2006/05/21 12:43】

生き甲斐のある人生 しょうがない人生

百花爛漫に咲き競い春を彩った四月の花。その花々が終わりを告げると、つよい晩春の日 田舎の神主の学び舎【2006/05/30 04:31】

西洋占星術で名軍師児玉源太郎参謀長を占いました

西洋 占星術 でみるひらめき? 創造性に富む資質? 気さくな性格? ズイフー!!ブログ - スプリングポイント【2006/12/04 12:46】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。