のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

日米安保Ⅰ
今回外務大臣と防衛庁長官がアメリカに訪米して新しい日米安保の改定?を行ったらしい…。
コレによると日本は本当の意味で植民地化になっているのではないかと危惧するのです。ここまで書くと気の早い人は中国寄りとか売国奴?ヽ(^ー^)ノ とかいわれますがそんなことはないです。ゼロか百ではなくていつも言っているがどんな優秀な文化や文明でも濃縮されたものは必ずよからぬ副作用をもたらすものと思うのです。
http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/13-af9cb219
それに今回の事で一番驚いた事は国民に説明する前に話をまとめている事です。これには本当に驚いてしまいました\(◎o◎)/!
選挙の際や答弁でも全くなかったことをあっさり決めてしまうこのメンタリティーには呆れるどころかこれが日本の国会議員のすることかと思うほどです。(私は誤解{ここは大事です}がないように言えば日米安保賛成ですし靖国参拝も賛成です。又国際貢献の為の海外派兵にも基本的には賛成です。}かつて日英同盟の時は、日本は本当に平和な時期であり又英国もその恩恵とまで言わないが平和な時期だったと聞きます。
ですから、同盟関係自体には反対しません。世界の中で単独で生きていくのは困難ですし何と言っても米国は超大国です。しかしながら、その前提として日本国は日本人自身のものである以上国民に説明や行為に対して責任を取る覚悟があるのかが最も重要です。今の彼らの集団は行き当たりばったりで思考停止をしていると言っても過言ではないのではないかと思うくらいです。(多分思考停止でしょう。米国の言いなりですから…)識者と呼ばれている人たちは(^~^;)ゞ彼らを物言う日本になって愛国者であるように言いますが私は甚だ疑問に思います。
なぜなら、本当の愛国者は弱い者には余り言わないで強い者に物を言う矜持があると思うからです。
http://web.chokugen.jp/sato/
PS.吉田茂氏や岸信介氏は改定の際、日本人としての誇り(生き方や自律性)を考えながらぎりぎりの所で調印していたようです。決して米国と価値観を統一しようとか溶解されるばかりではなかったと思います。
それに比べて今の彼らを見ていると深い考察もなく強いものに一体化することのみの行動に見えるのは私だけでしょうか…
スポンサーサイト

テーマ:=世相もろもろ= - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
TBありがとうございます
初めまして。
>選挙の際や答弁でも全くなかったことをあっさり決めてしまうこのメンタリティーには
>呆れるどころかこれが日本の国会議員のすることかと思うほどです。
これにはまったく同感です。なぜ国民に説明して理解を得るという手順をちゃんと踏まないのでしょう。この最終合意が本当なら3兆円と言われている負担もそれだけでは収まらずさらに拡大するでしょう。気に入らなければ相手を先にぶっ叩くアメリカの戦争に日本を巻き込んでしまうことにもなりかねないことをへらへら笑っているあの2人が信じられません。
【2006/05/10 05:42】 URL | 寒北斗 #L1ch7n1I [ 編集]

寒北斗さんへ
コメントありがとうございます。
議会制民主は、何事も手順が大事なのです。
それをなくしてしてもいいように予備費がありますがそれはまさに緊急の場合です
又その際は誰かが責任を取るものなのです。なぜならまとめる力がなかったと言う事なのですから…それをあんなにヘラヘラ笑うなんて。前の解散から本当におかしくなってきています。あの時反対した人は私はいろいろありますがこの点でも評価します。
【2006/05/10 11:12】 URL | のり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/23-fd096c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日米関係

「日米関係こそ重要である」なんて書くと心ある方たちから「喜八の奴もポチだったのか! 正体見たり!」なんて誤解されてしまうかもしれませんね。もちろん違います(笑)。私が考える「日米関係」は今後いかにして在日米軍に撤退していただくかが中心問題です。すなわち「 喜八ログ【2006/05/10 15:54】