のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

小泉竹中路線の功罪
昨年狂喜乱舞の中解散総選挙しました。
その際郵政民営化のみを焦点にし結果は自民大勝になり確定しました
これで地方は切り捨ての対象になってしまいました
私は少しの間地方に住む国民として今までの政策の功罪に私自身の身勝手な考察をしてみます。
郵便局なくさない。不便にしないといいながらすでに2007年に向けて準備しています。http://www.sankei.co.jp/news/060207/kei077.htm
すでに公約とやっていることが違う証左ですが誰も非難しません。
その際大丈夫といっていた評論家等は口をつくんでいます。
公務員といっても郵政は異なっていましたしまた民間にすれば利益第一<ですから切り捨ては当然です。
私は表面だけ見て踊らされている?日本の多くの人たちが閉塞感の中で弱いもの?に何をしてもよいという姿に少し空しく思います。事実その中で頑張っている人に温かい目を向けるのが日本人の良さと思っていたので残念に思えてなりません。
また、小泉竹中路線の考え方は少なくても政治の手法ではなく企業の論理のみなので私は好意を持つ事ができません。細かい話も{貯金。保険。郵便}もありますが国民の最後のよりどころが自己責任の名の下で国の責任を放棄したと私には思えます。


 
PS.私は自分では保守派ですし、与党を一応支持してきましたのであしからず・・・・(^~^;)ゞ
スポンサーサイト

テーマ:郵政民営化 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント
おめでとうございます!
のりさん、ブログ開設おめでとうございます!
さっそく幣ブログでブックマークさせていただきますね。

私もしつこく「郵政民営化反対!」の記事をアップしたいと思っていました。
できあがったらトラックバックさせていただきますね。
のりさんも遠慮なくトラックバックをどんどん撃ってきてください~。

今後ともよろしくお願いします。m(__)m
【2006/02/26 21:02】 URL | 喜八 #wYAyu/Y2 [ 編集]


のりさん、こんばんは。
ブログ開設おめでとう御座います。
早速拙ブログの方にもリンクさせて頂きますね!

TBやコメントもさせていただきたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。
【2006/02/26 22:27】 URL | 田舎の神主 #- [ 編集]

喜八さんへ
こちらこそ、お願いします
トラックバックもよくわかりませんがヽ(^ー^)勉強して?
返事します。至らない点や偏った意見の際、ご指導お願いします。

【2006/02/28 00:03】 URL | のり #- [ 編集]

田舎の神主さんへ
田舎の神主さんコメントありがとうございます
こちらこそありがとうございます。
いろいろ意見聞きたいので遠慮せずに意見お願いします
【2006/02/28 00:04】 URL | のり #- [ 編集]

いちろうさんへ
はじめまして。興味もっていただいてありがとうございます
少し時期が遅れているので話題性は欠けていますが。。。
いろいろ意見いただければ幸いですので宜しくお願いします
誤って削除してしまいました
申し訳ございませんm(。_。)m
【2006/02/28 00:08】 URL | のり #- [ 編集]


政府が自己責任などと吹聴するのはまさに無責任ですよね。

政治とは利害調整だけではなく、価値とむすびついたものもあるはずですが、今やすべてが経済的な損得の計算ばかりです。

小泉竹中路線は一体誰のためになるというのでしょうか?私はアメリカのためにしかならないのではないかとすら思えます。

「拒否できない日本」と「国富消尽」という2冊の本はお薦めです。私のところでも紹介しています。ブログの左下のほうです。よろしかったら読んでみてください。
【2006/03/16 17:08】 URL | Dr.マッコイ #EBUSheBA [ 編集]

Dr.マッコイ さんへ
コメントありがとうございます。
今の経済には哲学がないのですよ。
もしかしたら昔からなかったのかもしれません
幻想でも?共同体の崩壊の後一体何があるのか?
もう少し冷静に考えてもらいたいと思います
本の紹介ありがとうございます
又紹介お願いします
【2006/03/16 22:45】 URL | のり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/2-dba04356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)