のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失望
本日は、たまたま日経の日本を磨く(新しい日本のかたち5)を読んでいて日本の経団連会長奥田氏が出ていたので楽しみにして読んでいました。いうのも日本のあり方や道徳観に口を出しているのを知っていたので日本の世界の対する責任や日本的な道徳観や経済の生き方を期待していたからです。しかしながら噂通りいやそれ以上だったので失望を禁じえませんでした(^~^;)ゞ
要約すると格差社会に対しては、今の日本で凍死したり餓死する人はほとんどいない。統計的に高齢化要因などが大きい。そもそも共産主義でない限り格差0はありえない。多少の格差はおかしくない。問題は成功者に嫉妬し引きずり降ろす力が日本社会に強い事です。それでは経済が停滞してしまう。成功者を目標に称賛の経済に転換するべきだ。
政と官の役割には政府には民の出来ない部分で役割を果たしてもらいたい。エネルギー部分では政府が民間のために働いてもいい。政府と民間の連携に後ろめたさを感じる必要はない。企業の中には利益を出しても税金で取られるだけの意見もあるがトヨタは税金を払うのを大事に思う会社だ。私の先輩経営者は、社訓の「産業報国」の教えを守ってきた企業が税金をきちんと払ってこそ国が成り立つと思う。コレがおおよその発言ですが私はどこかの国の偉い人も?同じ発言だったのでなるほど彼らの偽善の?一部が垣間見えた気がしたのと同時にこれがわが国の財界のトップの発言と思うと明治以来の財界の人に笑われしまうと思ってしまいました。
言うまでもなく、格差を認めるのは弱者側からの意見の場合は傾聴に値しますが何故に強者の方が認めるのか?そのような権利があるにせよないにせよ心ある人なら格差をなくすように努力しながら経済発展するようにするべきと思うし、強者が認めるべき発言をして良いとは思えません。
また、なるべくあくどい?事をせずに成功した人には引きずり落とす事が少ないと思います。事実奥田氏も左遷されても助けてくれた同僚がたくさんいたそうです。それって日本人的な和のおかげではないでしょうか?それを今では妬むのが悪いというのは余りにも棚に上げすぎではないでしょうか(^~^;)ゞ政府は企業のためだけにあるのではなくましてやトヨタの為にあるはずでもない。生産者に成れない人の為にも政府はあると私は思っています。(ちなみに私は今は生産者ですが…)
もちろん、堀江氏を経団連にいれる許可与えた人物で責任取らない人ですし球団買収に武部氏から電話で渡部氏に電話する発想そのものが公共から遠い人ですが…
最後に税金払う?これには開いた口が閉まりませんでした。
企業の減税や相続税の軽減一番言っていたの私の記憶の中では奥田氏だったと記憶しているからです(`´)。拝金主義はいけないといいながら
それを促進した事に責任を感じず棚に上げる。企業献金やめるといいながら率先して始める。日本として言うべき事を言いなさいといいながら中国。アメリカにいうと収益下がるから言ってはいけない。
同じような題名のこの国の形を書いていた司馬氏が公を書いていたが財界のトップでもこの体たらくでは日本に公の概念が育つはずもないと思ってしまいました。

PS.堀江氏の件に関しては経団連に入れば株が上がる事も彼が胡散臭い事も分かっていたはずです。それを成功者として称賛させる為に利用した面は否定しにくいと思います。成功者を出すのには年配の人たちがうまく導いてうまく退場する事だと私は思います。かつてはそのようにしていたと思うのですが…
後、話それますが民主党の代表選出で何故その日に沖縄問題解決?相変わらず何でもする人達です。そんな品性の卑しい人達と同じようにならないようにしたいものです。
http://web.chokugen.jp/uekusa/2006/03/post_e7d9.html
スポンサーサイト

テーマ:おぼえておくべきこと - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/17-cd9fa0dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小泉さんの五年間

小泉さんの在任日数が昨日の6日で1807日となります。 今日は1808日。 当た 瀬戸智子の枕草子【2006/04/10 18:59】

『カネに勝て!』

 下流でええやないか。自分を下流だと思えば戦える。少なくとも、鬱陶しい均質社会から半身は抜け出せるはずや。そして、好き勝手に生きる。生き方など考えず、ただ生きる。「こう生きなければならないなどと、誰が決めたんや。ほっとけや、俺は俺で勝手に生きていく。そう 喜八ログ【2006/04/11 21:30】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。