のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

個性
日本人はよく個性がないとか小泉氏や堀江氏のように破天荒な人が?出てきたほうがよいとか私の周りではよく聞くが果たしてそうでしょうか?あのような?人達が個性というのでしょうか?
田舎に行くと濃密な共同体が今も健在ですし少なくても日本の人口で今は都会に住んでいる人も子供の時には地方に住んでいたが多いと思うのです。
地方{田舎}の定義も難しいですが…(^~^;)ゞ
濃密な共同体は、ともすれば個性を埋没させてしまいやすいし個性の意識が低くなり個性がその中でなくなってしまっていると私は思っていました。しかしながらここ最近は欧米との個性の表れ方が違うかったのではないかと思うようなっています。欧米では{特に米国}では個性は強烈な自己主張に向かわせてしまう。他に対して攻撃的なスタンスを出す事により個性を際立たせる。欧米ではそうでないと生きていけないと思うのです{成り上がるⅢ参照}お互い主張し衝突し妥協に到る事によって保たれているのに対し日本ではその必要がなかったからではないかと思うのです。
自給自足が共同体でほぼ充足している日本の場合は、自己主張は共同体の和を乱しかねないためお互いに察し、思いやる事によって個性が保たれ尊重されてきたと思うのです。この細やかさによって集団と個性のバランスを取っていたと思うのです。{事実職場で私も和を乱しかけたときよく察してもらった記憶があります。今もですがヽ(^ー^)ノ }
それが集団主義となり{非難されますが非難されるほど損したとは私は思いません。もちろん個性の発揮を阻害した事は認めますがプラスマイナスを見た際ではプラスのほうが多かったと思うのです。}
お互いを察し思いやり助け合って来てそれが経済発展を勝ち取ってきたと思うのです。
しかしながら、いまは共同体を破壊する事を良とし、その事が人の帰属場所や察する心思いやる心をなくしていると思うのです。米国式の独創性の発揮や粗雑乱暴の指導性は、共同体の乏しい米国のやり方であり、それを濃縮されたやり方では後で思わぬ副作用が起きるような気がします日本は日本のやり方でしなければ気がついたときには大事なものがなくなってしまっていると思うのです。

PS.沖縄の問題が最近取り上げられていますが言う事を聞かないと政府案のままだというやり方も共同体の崩壊かもしれません。
ヤクザじゃあるまいし意見を聞いてそれに基づいてすべき事を最初から結論ありきで話も聞かないと言うやり方は明らかに別の共同体と見ている証左と思うのです(`´)。必要なら必要でその辺りの察しや思いやりがない事に私は悲しく思います。
http://moura.jp/scoop-e/chokugen/special/060324/s05/content01.html

スポンサーサイト

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/16-566c0d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

在上海総領事館電信官自殺事件

2006年03月31日の読売新聞1面に「中国側、機密執拗に要求…自殺上海領事館員の遺書入手」という記事がありました。私(喜八)がざっと見たところでは、同日の他紙はこの件を報道していないようです。読売の「スクープ」ということでしょうか。この「在上海総領事館電信官自 喜八ログ【2006/04/07 12:53】