のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉塞感Ⅱ
前回の閉塞感と重なる部分もありますが、今回は何故に閉塞感と言われているのか?
私個人は閉塞感と言う感情なんてなかったしそれを持って世間を打破?とまではありませんでした。もちろん怒りや哀しみで打破しようと思った事は当然何回もあります(^~^;)ゞ小泉氏の前までアジアに{韓国。中国が主ですが}頭下げすぎだ。これからはアジアの時代と言われていました。
しかしながら、国際環境の変化に日本自身が羅針盤を見失い放浪した事にフラストレーションが溜まりそれが閉塞感となったのではないかと私は思うのです。どうして羅針盤がなくなったか?いろいろ言われていますが日本人が考えなくなったと思うのです。
今まで日本は他国の文化の蒸留水の部分だけ上手に吸収しそれを取り込んできたと思うのです。しかしながらそれではある程度まで行くとどうしても自国の文化の根本に当たってしまうところまできてしまうと思います。外国の文化特に近世においては欧米ばかりになってしまいますが、米国のように自分の文化が普遍的でNo.1と思っている国の文化とも付き合っていかなければならない。そのような国とも付き合っていかなければならないのに今は、妄信的に受け入れようとしている。政府を上げて。日本には日本の文化がありどんな優れた文化でも濃縮されたものを投与されれば思いもかげない副作用が表れるのではないか少し危惧しています。

PS.このブログを始めて私と近い考えの人また斬新な意見の人などいろいろサイトに意見がありそれを見聞出来て私自身はとても勉強になります゛v(^_^
今回は{いつもですが}うまくまとめられなく自分でも少し情けないですがご容赦下さい(^。^;
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://torachann.blog54.fc2.com/tb.php/13-af9cb219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。