のり市民の世界観
日常生活の中での私の考え方や日頃のささやかな事を書いている ブログです
訪問者の方々

プロフィール

のり市民

Author:のり市民
団塊Jrの世代です。
関西の田舎に住んでいます。
俗に言う田舎侍です!(^^)!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

気になる人

城内 実ブログ 
城内みのる応援サイト 
森田健作オフィシャルWEB

お気に入りブログ

喜八ログ
田舎の神主の学び舎
田村伊知朗政治学研究室
瀬戸智子の枕草子
日暮れて途遠し
Dr.マッコイの非論理的な世界
八国山だより
ぼくら党
逍遥録
斜眼
フリーターが語る渡り奉公人事情

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成り上がるⅢ
前回の続きになりますが、その後日本に持ち込まれたものと言えば個人の尊厳。個性の尊重でした。このこと自体は私はとても助かっていますし個性を伸ばし社会で認めていく事自体には大賛成ですヽ(^ー^)ノ
しかしながら、個性と言うのは公の概念?があってこそ初めて力を発揮するものであると思うのです。裏付けのない個の主張は利己主義になってしまいますし我侭になってしまう。欧米などの個人主義には宗教的な裏付けがあり又歴史を経て獲得してきたものであると思うのです。
私の両親の世代の人も分っていたと思うが戦争の末期の滅私奉公と強制の犠牲に懲りていたため{特に昭和一桁の人が一番ひどいめにあったのではないかと思う}その反動で個人主義がエゴのみを肥大化させてしまったのではないかと思う。その結果が共同体の崩壊・自己のみの才覚だけを頼りし騙される奴が悪いと言う風になってしまったのでないかと思うのである。{この点が竹中小泉を私が評価しない最大の点かもしれません。共同体の破壊が既得権益の破壊で良い事と思っているからである。}共同体{故郷}がなければ気楽な社会ですし利害関係があるので遠慮ばかりすれば損ばかりしてしまいます。だから自分を主張しどんどん訴訟しようとする。共同体にいられなくなればより高いステータスのグループに移動するだけである{六本木ヒルズやビバリーヒルズみたいなものかもしれない}米国と言う国は、日本と違い定住社会ではないのでこの考えでいいのかもしれないが...けれども、共同体{故郷}ないと言う社会は、荒涼たる社会であるし共通の感覚{文化}がなければ甘えの働く場所がない。自分を常に主張しないと利益を失ってしまうと思う。
そのようにならないためには自分の価値観が全てと信じて居丈高になるしかないし謙虚にはなれないと思うのである。事実、国会答弁や耐震偽造・東横インの人達を見ると切なくなってしまうのは私だけでしょうか?また米国は、お世辞にも謙虚の国とはいえないと思いますが…

PS.学校でも能力分けしているが効率?ばかりではなくてよく考えなければいけない時期が来るのではないかと思うときがあります。
渡部国対委員長がテレビで言っていたが故郷が破壊されると日本が困ると言うのはこの事ではないかと思うのである。余り政治家を引き合いに出すのは引けるのですが…(^~^;)ゞ
スポンサーサイト

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

成り上がるⅡ
成り上がって行くんだ。今とよく似た時代といえば江戸時代から明治時代になる時も良く似ていると思う。明治時代も自由競争になり学問があれば出世でき金持ちになると言う時代だったと思われる。事実学問のススメもこの時代の社会の感じを表している代表的な本の一冊だと思う。
今は、中流社会が崩壊しつつあり、明治時代の立身出世と同じように言われていてこれが日本の開国で良くなる?と言う方がいるが利己的な現代と同列に並べる事に私は少し違和感を覚えるのです(^~^;)ゞ
私も当然その時代生きていませんがヽ(^ー^)ノ その時代は、文化の中に武士道が健在だったので立身出世は社会的地位を得て金持ちになる事により国のために尽くすと?考えていたと思います。私は国のために尽くすという使命感が公の概念の実体ではないかと思うのである。{税金逃れる大臣が国のために責任を果たすの発言には呆れますが…}よく末は博士か大臣かと言うのがあるが明治時代の立身出世は大臣・博士になりより大きく国家に貢献する。すなわち公への使命感と一体化したもので国に対して自分が何が出来るかという公の概念が働いていたと思うのです。もちろん井上馨氏のように汚職まみれの人もいましたが、その際には千鳥が淵の池が真っ赤に染まったと言う逸話が残っています。
真っ赤に染まったのは西郷氏と一緒に下野した仲間達が高級官僚の印の赤い帽子を投げて下野したからである。
私はこの公の概念が明治時代の品格の基盤だったと思うのである。
 
PS.この話は長くなるので本日はここで終わります(^~^;)ゞ
余り急いで書くと独善的になるのでヽ(^ー^)ノ
国のためと言っているのは戦時中のお国のためとは違いますのであしからず…

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

閉塞感Ⅱ
前回の閉塞感と重なる部分もありますが、今回は何故に閉塞感と言われているのか?
私個人は閉塞感と言う感情なんてなかったしそれを持って世間を打破?とまではありませんでした。もちろん怒りや哀しみで打破しようと思った事は当然何回もあります(^~^;)ゞ小泉氏の前までアジアに{韓国。中国が主ですが}頭下げすぎだ。これからはアジアの時代と言われていました。
しかしながら、国際環境の変化に日本自身が羅針盤を見失い放浪した事にフラストレーションが溜まりそれが閉塞感となったのではないかと私は思うのです。どうして羅針盤がなくなったか?いろいろ言われていますが日本人が考えなくなったと思うのです。
今まで日本は他国の文化の蒸留水の部分だけ上手に吸収しそれを取り込んできたと思うのです。しかしながらそれではある程度まで行くとどうしても自国の文化の根本に当たってしまうところまできてしまうと思います。外国の文化特に近世においては欧米ばかりになってしまいますが、米国のように自分の文化が普遍的でNo.1と思っている国の文化とも付き合っていかなければならない。そのような国とも付き合っていかなければならないのに今は、妄信的に受け入れようとしている。政府を上げて。日本には日本の文化がありどんな優れた文化でも濃縮されたものを投与されれば思いもかげない副作用が表れるのではないか少し危惧しています。

PS.このブログを始めて私と近い考えの人また斬新な意見の人などいろいろサイトに意見がありそれを見聞出来て私自身はとても勉強になります゛v(^_^
今回は{いつもですが}うまくまとめられなく自分でも少し情けないですがご容赦下さい(^。^;

引き際
20060316224330

前日に前回の勝った分で行ってきました。
いつも場所で妻にも?許可をもらって行ってきました。(^~^;)ゞ
給料カットもされていますし副業は出来ません(^。^;)
気合を入れてしても所詮機械ですし胡散臭い?世界ですしヽ(^ー^)ノ
この台は引き際が難しいらしいのですが、結局少し勝ちでした。
時給150円位ですね。人間真面目に働くのが一番ですf( ̄ー ̄;)

PS.この台は目押しが私には難度が高いので?又何回も止めてもらいました。ありがとうございます。モ○コ従業員のみなさん感謝してます。たまにこのような記事も混ぜますのであしからず…(^~^;)ゞ

世の中は…
闇の執行人


本日は鈴木宗男氏の闇の執行人です。
あるサイトの知り合いから勧められてようやく読み終えたところです(^~^;)ゞ私は宗男氏が叩かれているときから少しおかしいと思っていたので対して驚きませんでしたが、それにしても高級官僚のやり方には驚くばかりです{民間でも当然あると思いますが。外務省は国益に直結するので心配ですが…相手は外国でですからね(^~^;)ゞ}
宗男氏の言う闇の権力者は民間人や官僚なので生半可な事では排除できない{経済諮問会議の某大学教授も入ると私{のり}は思える...}
政治家は選挙で落とす事が出来るが彼らは、権力は持つが責任を持たない集合体である。国民の英知に期待しているとまとめている。
今見るとなぜ責任のない民間の人達{といっても財界か癖のアル?大学教授が多いが...竹中氏もここから嬉しそうに出てきたが(^~^;)ゞ}
が地域の代表{語弊があるが...}の国会議員よりも物事が分かったように指示するのかわかったような気がします。彼らの無責任さが分かった最近の例ではBSEの輸入再開の際の審議会の人達でしょう。
世間では危ないと思う人がかなりいたはずですが許可を出してしまった。彼らの責任や報道もあまりない。一体何があったのか?得意の官邸の指示があったのか?民間の利益追求の圧力があったのか?とかいろいろ疑問が出てきます。
また高速道路でも二人だけで決めて英雄気取りの某作家にも呆れますが。捕まった副理事も否認していますから現実は、分かりませんよ。
イニシャルも闇の中にした人たちだからね(`´)

PS.そういえば、郵政の際なくならないといって国会で答弁した人達責任とるのかな?なくす段取りしているが...大体審議会に出ている人でテレビに出る人ってよく聞くと怪しい人が多いなヽ(^ー^)ノ
全国一律の配達も難しいといっても大丈夫といいながら新聞の宅配は維持ムリだ。それはおかしくない?言い方換えれば同じ事と思うのに自家撞着も甚だしいよ。http://www.kahoku.co.jp/news/2006/04/2006040401002625.htm
どうせなら現場で働いている建築現場の人や八百屋さんや郵便外務員や
タクシーの運転手の方がよくわかっていると思うけれど。そのような人を審議会に入れればいいのにな。


閉塞感?
新聞を読んでいると閉塞感打破とかよく目に入ります。
堀江氏の事件それと似ている時代がありました。
昭和23年の光クラブという投資会社を設立{奇しくも東大出身です}
銀座に事務所を設け派手な新聞広告で一世を風靡し時代の寵児になり、
金で自由にならないものないと公言するも逮捕され自殺。
人の心は金で買えると公言していた堀江氏と酷似します。
その時の日本の状況は光クラブは、敗戦直後の秩序の崩壊。生活の混乱
価値観の急激な変化。堀江氏の場合は、バブル崩壊から終身雇用の破壊
無職やニート、フリーターなどの格差の到来。
それらの格差社会のへの閉塞感が彼らを時代の寵児に祭り上げたと思います。幹事長・竹中氏も当然含みます。{弟ですしヽ(^ー^)ノ スクラム組みますからヽ(^ー^)ノ }
国会で格差社会も少し言われる様になりましたが小泉氏や竹中氏が理想としているアメリカが、ハリケーンカトリーヌで長距離バス代もクルマもない貧困層またささっと国の援助を切る米国。
{今までの日本の被災者に対する対応とえらい違いです。神戸なんてアメリカならとっくに見捨てられていました(`´)}
生活必需品すら満足に買えない貧困層。わずか1パーセント程度の富裕層が富の半分を占有する社会に日本をしたいと私は思いません。

PS.その世界でチャンスがある?そんな馬鹿な?金持ちだけでしょう。チャンスあるのは…
普通に考えれば分かります。普通。

テーマ:自分なりの考え - ジャンル:日記

敗れ去り者
オリンピックももうすでに終わりメダリストは荒川さんのみでしたが
メダルを獲得したので日本のマスコミも国民も荒川さんを称えています(^~^;)ゞ
ですが、よく考えてみれば行く前まで日本のマスコミ?は安藤さんばかりでした。で結果が終われば荒川さん素晴らしいなんて何となく違和感を私は覚えてしまいます(^。^;)
私は荒川さんを称えるのは良いにしても村主さんに対して余り報道がなく忘れているような報道に少し悲しく思います。
競技者は、みんな怪我や故障しているのかも知れません。
けれども彼女も怪我を押して4位という地位を得たのです。
{当然私の知らない所で報道があるかもしれませんがヽ(^ー^)ノ }
又、あるメダリストは入賞なんかあるのは日本だけだと少し馬鹿にした
発言ありましたが、この人も思いやりのないメダリストかも知れないなと思ってしまいました。私って甘いのかもしれませんね(^~^;)ゞ

PS.荒川さんに電話した小泉氏はいつもの事ですが、某大臣の相手が転倒して喜んだと言う発言にこの人達はみんなそうなんだなと思ってしまいました。黙っていた?荒川さんに私は当然だよなと思っています
ちなみにこの発言は正直と言うレベルでなく又大人の発言でもなくマナー違反と私は思います。情けない事です(ノ_δ。)
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/news/20060307k0000m050082000c.html

テーマ:自分なりの考え - ジャンル:日記

表現の自由
最近テレビでは、混乱している民主党に対してまとまりがない
や意見が違う野合集団みたいな言い方が多いですが私は一つ疑問に
思うことがあるのです(^~^;)ゞ
自由にいろいろな発言が出るほうが意見を言えない政党よりもはるかにマシと思うのです。いろいろな個人がいろいろな地域から出ている以上受け取り方が違い考え方も違うので当然と私は思うのです。
かつては自民党もいろいろな意見が出せてそこから英知が出ていたと思うのです。人間は、分かっている様で分かっていなくて見ていないようで見ているものだと思うのです。その逆も当然あるのでその危険性を少しでも和らげるためにも意見を出せると言うのが大事と思うのです。
今はリーダシップのトップダウンが流行っているようですが企業でもそれで業績が回復していて立派と言われていますが、その裏で多くの労働者が泣いていると私は思うのです。
立派と書いている新聞社や書籍会社が再販制度や個別配達の制度の変更に反対していて人の変更には賛成する姿は、滑稽ですが。。。
企業は利益のみの追求でもいいですが国家は国民の生命と財産を守らなくてはいけません。また著しい不利益及び泣いている国民に光を当てるのが国家の仕事だと私は思うのです。
かつて亡き後藤田氏が今は強者により過ぎの政策で心配だと言ったのは戦前の経験と旧内務省出身の護民の精神からの発言と四国と言う田舎からの出身の視点からだからと思うのです。
だからこそ、意見を出せると言う方が出せないよりも私ははるかにマシだと思うのです

PS.タクシー業界の声がようやく報道されましたが、諮問会議の大学教授はその内よくなる国民全体の利益になるのみの発言でした
自分は安定して本出して反対者にはレッテルを貼る姿に闇の執行人が表にも出てきたと思ってしまいましました。(--メ)

テーマ:自分なりの考え - ジャンル:日記

小泉竹中路線の功罪Ⅳ
日本人と言うのは本来言葉を言霊として説いてきました
事実武士に二言ナシや契約書ナシでも俺を信用しろなど言葉と言うものを大事にしてきました
しかしながら国の最高権力者の言動最近戸惑いをよく感じます
郵政の際のウソの説明靖国もしかりですが、イラクの自衛隊派遣の
発言に至っては呆れるどころか本当にこの人マトモに考えているのか
逆に身を案じてしまうほどですヽ(^ー^)ノ
戦闘地域でないから大丈夫などと世間をバカにするのもいい加減にしてもらい発言でした。自衛隊員がその状況で行く気持ちを彼は考えているのでしょうか?最近では撤退するとか聞きますが現実は、どうなんでしょうか?アメリカは又日本にサマワ以外の駐留を望んでいるようですが
どうなるのでしょうか?私は日本人が国際貢献と言う事で海外派遣には反対ではないですがいかんせん全く後のことを考えていないように思えるのです。
派遣される人たちは文字通り命を削ってやっています。それだからこそ権力者はもっと丁寧にするべきですし、かつての権力者?はヌルイと世間に言われても配慮していたと思うのです
又このような状態でもまだまだ大丈夫と言えるなら自分の息子も派遣できるのか?と一度聞いてみたい気持ちにもなります。
イラクの核査察の答弁など人の命や名誉などの哲学など感じられない人を支持する我々は時々本当に哀れなのではないかと思います

PS.最近メール問題が取り上げられていますが彼の答弁に怒らなく一議員にあれほど言うのも弱者叩きの快感があの選挙からまだ醒めていないと思うと少し情けなく思ってしまいます。

テーマ:議会 - ジャンル:政治・経済

成り上がる?
二・三日前のnews番組でITの関連していて学生達が会社を作りそして成功するための会合がありそこでの模様を放送していた。
その時ある学生が「成功「成り上がる為には」するためには違法すれすれの事をしないといけませんね」の質問に会社を経営している30代前半の方が「難しい質問だな」と応えたが顔は肯定しているように私には見えました。
私には彼らには成功{成り上がる}と言うのが虚無のように映りました
全く持って哲学がなく堀江氏の失敗の理由も見つかったからだもしくは
運がなかったのだぐらいしか私には見えませんでした。
どうしてコツコツしていれば結果はおのずとついて来るとか世の中みんな頑張っているのだから君達も頑張りましょうと経営者も言えないのか?人の弱点を責めて勝つという法律の抜け穴ばかりに目を向けるのか一市民の私にはイマイチ理解出来ませんでしたが。。。
成り上がると言えば歴史上では日吉丸のちの豊臣秀吉が上げられます。彼は卑賤の身から天下を取りました。かれも当然リスクのある戦い美濃攻略や数々の戦で殿を務め信長の下で過酷な能力主義の中で勝ち抜いた一人です。けれども彼はIT成り上がりのような人ではありませんでした。篭城戦の際でも相手の兵士をなるべく殺さないように務め又戦国時代にも関わらず相手をよく信用していました。
信義心というのは一見迂遠で損なように見えても結局それが一番の処世術と言うのを彼は知っていたと私は思うのです。又そのことが天下統一までの時間を短くしたと思います。
けれどもその彼も天下を取ってから秀次を殺しその一門まで皆殺しにしてしまいました。その結果、豊臣家は人心を失う結果を作りわずか二代で滅んでしまいました。世の中は無常なものだからこそ、人に対する配慮と言うのが大事なのではないかと私は最近よく思います。


副業?
20060302232427

今日は、非番だったので副業兼気分転換でパチスロに行っています
生活かかっています(^。^;;
それは、さておき私戦国時代の歴史物が好きでその辺りはかなり詳しいです(^~^;)ゞ
この機種は古いのですか意外と奥が深くなかなか楽しいです。
ただ私目押しが出来ないオヤジでいつも店の人に止めて貰っています
嫌な顔する人もいますが{店の人}いつもありがとうございます(^人^)感謝♪

PS.本日は少し視点を変えた生活の一部の記事ですf( ̄ー ̄;)

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

小泉竹中改革の功罪Ⅲ
本日は、小泉氏の靖国参拝についてです。私の狭い見識の中での話しなので独善的になりますがご容赦お願いしますf( ̄ー ̄;)
私は実は靖国神社を軍国の象徴 歴史を正しく見ない人の意見と思っていました。しかしながら封印された真実読んで自分の考えを整理している所です。仏壇に参った際芳名録に政界・財界・官界のあらゆる分野の名の知れた人々の署名及びアジア諸国の著名な人達の署名があった封印された真実

から話が始まります。東京裁判や当時の日本の状況も庶民の目から書いてある点もあり素直に聞ける点が多かったと思います。
そう考えれば年配の人が靖国を大事にし小泉氏を支持する気持ちも十分理解できます。事実私の祖母も兄を戦争でなくしており韓国中国の人の気持ちも分かるが兄が何をしたんやろね?総理が日本の人のために行って何悪いのやろね?と言いました。私も当然その意見に賛成します。
けれども私がそれでも彼を評価しないのは信念がなく参拝しこのような尊い英霊達の気持ちまで利用しているからです。
本当にそう思っているのでしたら日本のスタンスを韓国中国にも説明すべきです。けれども彼はしません。しかも議員の時から参拝などしていません。
橋本氏と総裁の選挙の際にに8月15日行くと言って行かないで政局に利用しただけです。もちろん韓国中国も政局に使っているかもしれません。また、世界ではまだまだ日本の考え方は理解されないかも知れません。それでも行くなら国益にも関係あることなのでならばなおさら説明すべきです。
私自身保守と自分では思っています(^~^;)ゞがそれ以前にそのような事まで利用している輩とその取り巻きの人達に私は、人として評価できないのです。少なくても友人にしたくはないですし私の先祖の英霊もどう思っているか考えると不憫にすら思ってしまいます。
                                
PS.私の祖母は表面だけ見て信じています。そのような気持ちも利用しておきながら答弁等などで彼の発言を聞いているとなんともいえない気持ちになってしまいます

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。